Calendar
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

商品の違い

NISAの特徴として購入対象となる商品が限定されているという点があります。そして全ての購入口座で共通するのは上場株式になることです。
具体的な例として挙げるのならば株式、ENTを含むETF、不動産投資信託、株式投資信託、外国株式、外国籍の投資信託が含まれます。

これら全てが対象になるのですが、どkの金融機関でもこれらの投資を行う事ができるのかと聞かれると、出来ないと応えます。それぞれの金融機関で担当する商品が違い、そして口座での購入も決まった商品から購入言うすることになるのです。
株式や不動産投資信託を購入する場合には銀行で扱っていません、そのため証券会社の選択では注意が必要になるのです。
またこの証券会社の中でも売買取引が出来る商品に違いがあり、NISAで取引を行う時には証券会社、銀行、取り扱う商品についてしっかりと把握しておく必要があります。

ですので今まだ販売が行われていないこのNISA口座の獲得は慎重に行う必要があり、取引を行う事が出来る商品が限られている現状では、どの金融機関が良いといった判断に困ってしまう状態です。